ここまでの釣果をまとめてみた

今日までの釣果を自分のメモとしてまとめた

6月4日 那珂川 27
6月5日 鬼怒川 32
6月11日 那珂川 40
6月12日 那珂川 8
6月18日 那珂川 8
6月19日 那珂川 8
7月2日 赤石川 74
7月3日 赤石川 37
7月9日 小国川 39
7月16日 米代川 64
7月17日 米代川 56
7月18日 皆瀬川 38
7月21日 長良川 17
7月22日 長良川 4
7月23日 長良川 10


合計 462

釣行日数は15日

今週末は釣れない小国川で大会下見&大会なので
これまた数出ないだろうなー。
秋田に行きてぇー。

スポンサーサイト
 

7/24 山形県沿岸 某河川 鮎はいるけど渇水で難しい

長良川からの帰り道、3日間連続の釣りだったので
まっすぐ家に帰ろうと思っていたのだが、どうにも悔しい。

やはり玉をつけた引き釣りだけではトーナメントは勝てない。
泳がせも練習しないと、ということで家には帰らず、
山形県沿岸の河川を目指した。

この川、かなり規模が小さいので地元の方の迷惑にならないように
今回は名前を伏せておく。

朝、川を見るとだいぶ水が詰まっている。
平成の2/3くらいか。
IMGP5569.jpg

仕掛けはフロロの0.175号。

早速泳がせてみる。

幸先良く1匹目が掛かる。
IMGP5570.jpg
十分オトリになるサイズ。

しかしここからなかなか掛からず、根掛かりで場所をつぶしたり
せっかく掛かればエラ掛かりでオトリにならなかったりで
ペースが掴めない。

10:00までで12匹。
IMGP5571.jpg

バラしもかなりある。

場所移動。

しかし移動してきた場所は激戦区らしく
掛かるやつが小さい。

で、泳がせつつ、たまに玉も付けたり...

で、14:00終了
後半の部は36匹。
IMGP5572.jpg

トータルで48匹。
この川にしては少ないほうかな。

以前は飽きてしまっていた泳がせだが
透明度の高い川での泳がせは絡み合う鮎の姿が見えて
結構楽しい。

今度は米代でも泳がせの練習しよっと。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

 

7/23 シマノジャパンカップ インストラクター選抜戦 あと2匹だったのに!

いよいよシマノ ジャパンカップ インストラクター選抜戦当日。
IMGP5560.jpg

前日とは打って変わり晴天。

1回戦目は上流エリア、2回戦目は下流エリア、3回戦目はまた上流エリア

1回戦目は6番スタート。

狙いの場所へはすんなり入れた。

大会開始!

で、なんと5分後に1匹目。

そこからポツポツ掛かる。

上流に入った選手も掛けているようだが
あえて見ないようにした。

どうも他の選手が掛けているのを見ると
焦って自分の釣りが雑になるので。
(これが後で致命傷となる)

掛かる場所はピンスポットでそこを外すと掛からない。

いざ検量。
オトリ込みで8匹。
なんと松田さんと同率2位!

続く2回戦

2回戦目の下流エリアは人が入りやすいせいか
下見でも他の選手も全然掛からんと言っていた。
私も同じ。

10番スタートだったが特に入りたい場所もなく
(どこも釣れる気がせず)

でも一箇所だけ掛かっていた場所を見つけていて
そこでウロウロする作戦に出た。

しかしなかなか掛からず。

周りの選手を見るとあちこち頻繁に移動している。
みんな掛かっていないようだ。

すると開始30分でなんと掛かった!
慎重に取り込む。
ふぅー、ボウズは無くなった。

それをオトリにしてさらに5分後、2匹目がきたぁー!
しかーし!

掛かりどころが悪くなんと空中分解。
大会中にも係わらず奇声を発してしまった。

この釣れない下流エリアでのバラシは非常に痛い。

もはや終わったと思いながら同じ場所でまたウロウロさせる。

すると奇跡の3匹目が掛かった。

これは異常なまでに慎重に引き抜いてなんとかキャッチ。

そして検量。
なんと込みで7匹釣った選手以外は込み3や込み2ばかり。

そう、込みで4匹の私はなんと単独2位!

1回戦目で同率2位、2回戦目で単独2位とくれば本選が見えてきた。

しかも3回戦目は1番スタート!
1回線目と同じ場所でまだやっていない場所がある!

もちろんそこにダッシュ。

後から聞いたら坂本さんもそこを狙っていたとか。

ゆうゆうと狙っていた場所に入ったものの
いざやってみると全然掛からん。

すでに一般のお客さんに抜かれた後か?
1匹目は開始40分後。

その10分後に2匹目追加。

実は2回戦を踏まえ、島さんが延々と下流から歩いてきたのを見て
自分より下流は釣れておらず2匹でも釣っているほうだと思っていた。
よって動かずにここで粘ってしまった。

いざ検量。

みんなの釣果を見て唖然とする。
断然自分よりも釣ってる。

唯一込み2匹の選手がいただけで
自分は込み4匹で単独の9位。

そして結果は5位。
本選に行けるのは4人まで。

結果表をまじまじと見る。
総合で0.5pt足りない。←(一番下で訂正)

3回戦目でもう1匹掛けていれば同率7位が3人となり
本選への切符を手にしていた。←(一番下で訂正)


そうあと1匹足りなかった。←(一番下で訂正)

表彰式の最中、あまりに悔しくて加藤さんに愚痴りまくり。

もしかして行けるかもとちょっと浮かれていただけに
余計にショックがでかかった。

上位入賞の方々。
IMGP5563.jpg

IMGP5566.jpg
松田さんおめでとう!
自分の分まで頑張ってきてね!

IMGP5568.jpg
なにやら松田さんと坂本さんは個人的にバトルしているそうで
今回は松田さんの勝ちということで参りましたのポーズ。

今回は3回戦ともずっと玉をつけての引き釣りで通した。
2回戦目まではそれでなんとかなったが
3回戦目はあまりに周りの状況を見なかったのと
浅瀬で泳がせで数を伸ばした選手がほとんどだったということ。

やはり玉の引き釣りオンリーでは勝てない。
これからは泳がせも練習しないと。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑失意の私にポチっとお願いします↑


訂正)
今、見たら0.5ptじゃなくて1.5pt足りなかった。
で、計算しなおしてみたらあと1匹釣ってもやっぱり0.5pt足りず。
あと2匹釣って6位にあがらないと本選には行けなかった。


ということで題名も訂正...

しかもあと2匹だったなら諦めついてきた。

 

7/21、22 シマノ ジャパンカップ インストラクター選抜戦 下見の写真

はるばるやってきた長良川郡上八幡地区
IMGP5553.jpg
右岸側に見える水門のところで1回戦、3回戦を戦った。
2回戦は天国だったが、3回戦目で波乱が...

1匹目に掛かってきた23cm
IMGP5554.jpg

2匹目も22cm
IMGP5555.jpg

ずっとこんなサイズばかり。
IMGP5557.jpg

でも口を見ると奇形が多い。
IMGP5558.jpg

たぶんこれ成魚放流だなと。

この日は17匹。

翌日はあまりに釣れずに写真を撮る気になれず。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

 

7/21、22 長良川 鮎はでかいけど釣れん!

7/21、22 長良川 でかいけど釣れん!

ジャパンカップ インストラクター選抜戦の下見

水は20cmほど高いがぜんぜん問題なし。
エリア最上流部から探る。

すると一発目にドンとアタリ!
しかしその後反応なし。

なんじゃこりゃと回収してみると
なんとハリス飛ばされてた。

針を付け替え再度。

10分ほどでまたドン!

上がらねー。
って上がってきたのは23cm(@@)
なんじゃこりゃ。

でこの掛かりアユが見事に泳がない。

あまりに泳がないので養殖に戻す。
するとまた掛かった。

今度は22cm

これがこの川の平均サイズなの?

ここから入れ掛かりとはいかないが
ポツポツと20cmオーバーばかり掛かる。

12:00時点で17匹。

しかしここから地獄。

エリアの下半分をやるもぜんぜん掛からない。

ようやく1匹取ったが
次が親子どんぶり。

結局、後半は0。


22日。
正直、釣れる気がしない。

昨日、反応の無かった下流エリアをもう一度やる。
前半でなんとか4匹。
しかしうち2匹がビリ鮎。

後半は上流エリアをやるも全く反応なし。
すでに島さんにぎっちりと抜かれたようで...

ここで掛かるでかいやつは全部放流物。
でビリ鮎は天然。

このでかいやつに冷水病の後が多々見られる。

もう俺に掛かる鮎は居ない。

明日のインストラクター戦はオトリ交換すら
厳しいと思う。

今からお先真っ暗なんだけど...

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着