仙台湾ジギング 異常な~し...

ジギングロッド買っちゃったらジギング行きたくて行きたくて...

行っちゃった!

当初は歌津の大隆丸さんに行こうかなと思ったんだけど
とりあえず塩釜にすっかと
第一海友丸さんに予約
IMGP5617.jpg

とーってもいい天気!
IMGP5618.jpg

なんと船中1匹目GET!
IMGP5620.jpg

海はべた凪!

海面はとっても静か!

そう、1日中とっても静か!

鳥もイワシもなーんにも居ない!

ナブラ、ゼロ!鳥山、ゼロ!

1匹目釣ったときはこりゃ行けると思ったんだけど...

船長さんは魚探とにらめっこして
いい反応のところに停めてくれるが
いかんせん魚が口使わん。

でも狙ってたヒラメGET
IMGP5621.jpg

ジグを落としていたら
いきなり!

ふっ

と軽くなった。

リーダーがあっさり切られてた(--;)
たぶんサワラだな。

あっけなくジグロスト。

あんまり暇なんでカブラ落としたら
ホウボウGET
IMGP5622.jpg

執念で1匹追加!
IMGP5623.jpg

残り10分のアナウンス。
ちなみにこの日はPE2号にリーダー50lbだったのだが
もしかしてリーダーを細くすれば釣れっかもと
いきなり20lbにする。

するとドンっ!と当たった!
んで、鬼合わせ!

ぶちっ!

あ、リーダー細くしてたの忘れてた(--;)

またジグロスト。

で、タイムアップ!

次回は三陸方面に行ってみよう!

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 

ドカットにロッドホルダーを自作してみた

鮎も終わったので、ジギング!
の準備ってことで春先に買っていたドカットを改造しようかなと。

船によってはロッドを立てておくスタンドが
付いてない船もあるので。

いろいろ調べるとポン付け出来そうな後付の
ロッドホルダーもあるみたいだが...

そんなの嫌じゃー!
ってことで自作。

見る人が見れば分かるような材料で
作ってみました。

ちゃんと寸法取りもして材料切った貼ったしたので
なかなか綺麗な出来。
DSC_0305_20140920174939580.jpg

DSC_0306_20140920174941108.jpg

DSC_0307_2014092017494233d.jpg

DSC_0309_20140920174944731.jpg
ハンドルもロッドに当たらないようにしてるよ。

特に中は壊れないようにステーで補強
DSC_0310.jpg
ステーは100均

で、実はロッドも買ってしまった(^^;)
DSC_0311.jpg

DSC_0312.jpg

材料費は...仕事の廃材なんかも使ったんで
結構安く上がった。

一番高かったのはステンレスのネジか?(笑)

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ
にほんブログ村

 

ハイボールの美味しい作り方!

私は流行に弱い。

飲む酒もすぐに流行に流される。

酎ハイ→日本酒→芋焼酎→ハイボール(今、ここ)

で、ショットバーで習った美味しいハイボールの作り方をご紹介。

IMGP5604.jpg
ハイボールの材料
・ウイスキー
・ソーダ
・レモン果汁


で、ここがミソその1
ソーダを冷やすのはもちろんのこと
ウイスキーに至っては冷凍!
アルコール度数が高いので
冷凍庫に入れても凍らない。

次にグラスなんだけど、ショットバーで聞いたのは
「グラスは金属のほうがいい」らしい。

で、ステンレスのグラスを買ってみたけど
ん~これどうなんだろう?

ま、理由は後で。


さてさて作り方。

まずはグラスにたっぷりの氷を入れる。
IMGP5605.jpg

で、氷をひたすら回す!

いつまで回すかっていうと、グラスの周りが白くなるまで。
要はグラスを冷やすってこと。

IMGP5606.jpg
冷えました。

ミソその2
グラスの底に溜まっている氷の溶けた水を捨てる。

ハイボールに水が要らん!

次にウイスキーを注ぐ。
ウイスキーの銘柄は個人の好みで。
IMGP5607.jpg

次にレモン果汁。
これがミソその3
IMGP5609.jpg


ただし入れるのはごく少量
レモンの味がするようでは台無し。
あくまで香りがする程度
なので1~3滴でOK

で、またかき混ぜる。
IMGP5608.jpg

これはウイスキーを冷やすため。
ま、冷凍してたウイスキーならいいんだけど
常温のウイスキーだと必須!

さていよいよソーダを注ぐのだが
ここでミソその4

マドラーをグラスに入れて
そのマドラーがなるべく氷と触らない場所に入れ
マドラーに沿わせてソーダを注ぐ。
IMGP5610.jpg

なんでかって言うと
ソーダが直接氷に当たると
「シュワー」ってなって炭酸が飛んじゃうから。

ハイボールは冷たさと炭酸の強さが命。

上に書いたけど、ステンレスのグラスを使ったこともあったけど
ステンレスのグラスって表面がザラザラでソーダを入れると
すぐ泡立つ。これじゃ炭酸消えちゃう。

ガラスのグラスでも氷を入れてかき混ぜればちゃんと冷えるので
今はガラスのグラスに落ち着いてる。

金属でもスズとか銅で出来た表面がツルツルのグラスは
最適。

金属のグラスだと熱伝導が早いので
すぐに冷える。

で、ソーダを入れたらほとんどかき混ぜない!
厳密に言えばかき混ぜるけど半周のみ。

何度も試したけどかき混ぜなくてもちゃんとウイスキーとソーダが
混ざります。

で、完成
IMGP5611.jpg

ちなみによくたまーに行くおねーちゃんが居る飲み屋では
最初のうちめちゃくちゃなハイボール出してたけど
きっちりと教育的指導をした結果、
とても美味しいハイボールを作ってくれるようになりました。

どうですか?

今すぐハイボール飲みたくなったでしょ?

皆さんもお試しあれ!

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

 

今年最後の鮎釣りと小猿部川 親子で伝統川漁体験

今年最後の鮎釣りに秋田まで行ってみた。

ほんとは神通川が好調らしいので
ちょっと行こうかなとも思ったが
向こう行っても遊んでくれる人居ないしね。

夜のうちに仙台を出て、秋田道のPAで車中泊
朝起きたら寒っっっ!

途中の気温計で13度の表示
寒いはずだ。

8時に菊池オトリ店到着
もう終盤なんで人居ないかなと思ったら
結構な人だかり。
ま、3連休だしね。

どこにしようかとポイントを見て回る。

桂瀬の上の平瀬
誰も居ない。

上から見た感じ、石が曇ってる。
DSC_0295.jpg

白坂
DSC_0296.jpg
めっちゃ人いる!

スルーして根小屋堰堤
ここに入ろうかと思ってたんだけど、結構な人だかり

で、再び下流に行こうかと...

ん?桂瀬だれも居なかったな?

つうことでUターン

桂瀬IN!

最初に緩い瀬でオトリ取り

オトリ取り...取れず(- -;)

開始1時間、まったく反応なし!

で、養殖だけどきついとこに3号玉で入れてみる!
ガツン!
DSC_0297.jpg
なかなかサイズ!

こりゃきついところで入れ掛かり!

とは行かずまた反応なし。
かなりキツイガンガン瀬で掛かるかと思いきや
反応なーし!
5号玉まで付けたのに!

ようやく瀬の終わりの開けるあたりでぽつぽつ拾う。

でも8匹で反応なくなる。

次に本城頭首工上

ここは石が細かくて1匹のみ。

やべっ!ツ抜けしてね!

で、かなり下流のポイントへ
場所の名前分かんね!

ここで15:30からまずますペース
掛かるサイズも下流エリアにしては
まずますサイズが混ざる!

暗くなるまで粘って16匹追加。
計25匹...疲れた。

でもでもでもでも
楽しい酒飲みたーいむ!

早口のらーめんきむら屋さんの尚樹さんにまたお世話になってしまった。

メンバーは尚樹さん、米代爆釣会の工藤さん、たかさん、ねこさん(わざわざ桧木内川走ってきてくれました)
DSC_0299.jpg

もうやべっす。楽し過ぎ!

いやーこの日は飲んだ!
3人でウイスキー2本飲んだもの!

で、実はこの飲み会の前に
鷹巣漁協の湊屋組合長から
「明日イベントあるんだけど、みんなの前で鮎釣り見せて」と
お願いされ、急遽、たかさんと一緒に先生やることに。

気軽に受けたのだが、会場に行って、えっ???
IMGP5593.jpg
車停めれないほどなの?

IMGP5594.jpg

IMGP5595.jpg

DSC_0300.jpg
こんなに人居るのー?

聞いてないよー

なんでも「小猿部川 親子で伝統川漁体験」
というイベントらしく、
以下、WEBから引用
この伝統川漁体験は、日頃、川遊びが少なくなった子どもたちが伝統的な川漁(アユやな、川ガニかご漁、アユの友釣り)を体験することで川漁への理解を深め、川の恵みを味わいながら自然と人間の共生の大切さや河川環境について考えるきっかけになればと鷹巣漁業協同組合(湊屋啓二組合長)が主催して開催。

こういうイベントってすごくいいと思う。
うらやましいね。

「危ないから川に近づくな!」ではなく
何が危険なのか、じゃどうすればいいのかっていうのを
ちゃんと子供たちに教えるのってすごく大事だと思う!


後から聞いたのだが、参加人数350人だったとか。

で、突然名前を呼ばれ、釣り開始!

分かりやすく橋の上から見てもらうのはいいのだが
DSC_0302.jpg
橋の下ってチャラチャラでさらに大した石が無い...

鮎は...10匹居るか?くらい。
こりゃ掛からんなと思ったけど
間違って掛かった!ラッキー!

拍手をいただいてなんとか先生役を果たせた。
来年はもっと石と鮎を準備してもらうということで。

小猿部川を後にしてたかさんと阿仁川IN

昨日の夕方にそこそこ釣れた下流部に入る。

が!
たかさんいわく
「ここは違う」
と100回くらいダメだしされ、移動!

根子屋に入る。

たかさん釣る釣る!

俺は分流でぽつぽつ。

たかさんに
「男は分流で釣っちゃいかん!」
とまたダメ出し(笑)

でもたかさんもがまの急瀬で分流釣ってました!

根子屋でぽつぽつだったので夕方チャンスに掛けて
白坂IN!

ここで泳がせでぽつぽつ。

たかさん撃沈かと思ったら
おいらの上に入って超入れ掛かり!

そこ、予約してたのに!
と激しい突っ込みを入れるもたかさん入れ掛かり!

最後の最後に楽しい釣りでした。

たかさんと別れ、自分は桧木内川へ。

この日の夜もめっちゃ寒かった。

翌日
9:30から釣り開始。
DSC_0305.jpg


桧木内と玉川合流下に入るが
丁寧な釣りに専念するも、30分に1匹ペース。
12時までやって9匹
DSC_0306.jpg

今年は玉川の水がダメらしく
玉川の水のほうでは釣れない。
DSC_0304_20140916183001e14.jpg
手前が桧木内川の水、
奥が玉川の水(通称、バスクリン水)

場所移動していくらか追加したものの
15時までやって6匹追加

今年最後の鮎を食べたかったので
急いで家に帰る。

もはや秋の空じゃ
DSC_0307.jpg

家に着いて、すぐに鮎焼き開始!
DSC_0308.jpg

今年最後かと思うとかなーりさみしい...

でも最後の塩焼きはとってもうまく焼けました!
DSC_0309.jpg

これで2014年の鮎は終了です。

でも...ちょっと不完全燃焼
来週、那珂川...どうしよ?

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

 

鮎ベルトとラフトエアジャケットを組み合わせてみた

長良川での事故を受けてあちこちのブログでも
どうやったら事故を防げるか、どうすれば溺れないかなどの
話が持ち上がっている。

で、自分は浮力材入りの鮎ベストを!と書いたのだが
仮にベストにすべて浮力材が入っちゃうと、たぶん立ち込んだ時に
体が浮いてしまって逆に危ないと思う。

もし浮力材を使用するならベストの肩、胸のあたりだけに
浮力材を入れるようにすればいいのかと思うが
個人で簡単には作れん。

で、思い付いたのが
鮎ベルト+ラフトエアジャケット(ウエストタイプ)
この場合、ラフトジャケットは自動膨張はもちろんダメ

じゃないと立ち込むたびに
ボフッ!
と爆発してしまう。

以前に鮎で使えるかも!と思って買った
ラフトジャケット(ウエストタイプ)の手動膨張タイプ

なんとか組合わせられないかな?
IMGP5555_20140909213353ba0.jpg

とりあえずラフトジャケットをバラしてみる。
IMGP5556.jpg

こんなになってんだ。
っつうかバラしたはいいが元に戻すの大変(笑)

なんとか復元。

なんとこのラフトジャケット、シマノの鮎ベルトとバックルが
ちょうど合う!
IMGP5557_20140909213356ceb.jpg

かと言って、これじゃいくらウエストが太い自分でも
これではブカブカ!

並べてみた
IMGP5558_20140909213357ffc.jpg

2個イチにしてみっか。

ラフトジャケットは某アマゾン(某になってない)で
安く買ったので後悔なくチョッキン。
IMGP5559_20140909213359fd1.jpg
いや実はちょっと躊躇したが...
ま、チータラ食べ食べやってるんで。

シマノのバックルにラフトジャケットのベルトを通してみたら
ジャケットのほうのベルトが薄かったのであっさり通った。
IMGP5560_20140909213826584.jpg

そのまま腰充ての中も通してー

反対側は家にあったカラビナで取り付けてみた。
IMGP5565.jpg

こんな感じになった。
IMGP5564.jpg

実際に腰に巻いてみたら...
ラフトジャケットが垂れ下がって若干だらしないが
まあ物は試しだ。
とりあえず今週末使ってみよう。
これでタモの抜き差しがスムーズならとりあえずOKかな。

結果はこうご期待!(ほんとか?)

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑


 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着