がまかつ船カレイ(女川) 詳細

6/27に女川で行われたがまかつ船カレイ

いつものように前日から現地入りし車中泊。

すると23:00頃に駐車場に入ってきたマフラーを交換したレガシーが
朝までエンジン掛けっ放し。
いい加減にしてくれ。

しかもエアコンを入れてるらしく年中エンジン音が変わり
寝れずにイライラ。
寝て目が覚めてを繰り返しているうちに朝になった。

受付で船が決まるがいつも席に恵まれない。
今回の席は4番。右舷の2番目。
またか...

船に乗り込むと、なぜかいつも大会で同船になる佐藤さんが隣の釣り座。
いろいろと話をしながら釣り場へ向かう。

最初は数日前に棚掃除をしたばかりという場所でかかり釣り。
この大会用に作ったハデでなおかつケミホタル仕様の仕掛けを使う。

さっそく仕掛けを投入するが、私以外の人にはカレイが掛かる。
ここでは私以外が1~2枚、25cmクラスのマコガレイ。
私にはアタリすらない。
やばい。やっぱり女川はダメかもしれない。

ここでかなりやる気をそがれる。

この場所で30分ほどやって次の場所へ。
次の場所はすぐそばでホヤの水揚げをしている。

ここで私にアタリ。
しかもなかなかの引き。

一匹目は34.5cmのナメタ
(ちなみに家に帰ってから計測)
IMGP3871.jpg

ナメタは重量を稼いでくれるので嬉しい。

ほどなくまたアタリ。
これもいい引き
IMGP3873.jpg
31cmのマコガレイ

なぜかここは私にばかりアタリがあり
次は30cmのマコガレイ。

このほかに25cmほどのマコガレイを2匹追加する。

次は棚を離れ、深場の流し釣りになる。

ここからアタリはあるのだが上がってくるのがなぜかお馴染みのマガレイばかり
サイズは当然小さい。
20cm以上が検量対象なのだが確率でいえばキープは7割くらいだろうか。
IMGP3875.jpg

先ほどダメだったハデハデ仕掛けを使ってみるとここではいい感じ。

この場所で異常な眠気に襲われる。
前日寝ていないせいだ。

それでもポツポツとマガレイのアタリがあり、
なんとか釣りが続けていられる。

そして何度かの移動で大物が来た。
37.5cmのマコガレイ(家で計測)だった。
IMGP3877.jpg

この深場でかなりのカレイを掛けた。
それなりにリリーズサイズも多かったが同船の人と比べると
サイズが若干良かった気がする。

そして沖上がり。

なんとか船中1位は取ったっぽい。
帰りの船で船頭さんに他の船の状況を聞くが
結構釣っている船があるようで、上位入賞は無いなと諦める。

港に着くと検量待ちの人だかり。
がまの大会は一人一人検量するから時間掛かるんだよね...

人の検量見るとがっかりするのでいつもなるべく見ないようにしているのだが
検量に出てくる魚の量を見ると意外と少ないことに気付く。

それでも釣ってくるやつはやっぱりいるんだろうなとマイナス思考。

ようやく自分の検量の番になってザルに魚をあけると
おぉーと声が上がる。
もしかして俺って釣ってるほうなの?
結果は5kgオーバーだった(ちゃんと聞いてないし)
(がまかつのホームページで見たら5.16kg 28枚だった)

ここからちょっと気になりだして検量をちらちらと覗き見る。

するとほとんどの船のトップが3kg台。
もしかして決勝大会は行けるかもと思い始める。

そして最後の船の検量が終わって、知り合いの大会関係者から
「おめでとう」と言われる。

えっ?マジで?

そして結果発表。
なんと優勝!
IMGP3895.jpg

カレイの大会で優勝経験がなかったのでぶっちゃけ嬉しかった。
これで来年の決勝大会に出ることが出来る。

最終的に仕掛けはハデハデ仕掛けよりも
いつも使っている魚礁用の仕掛けが良かった。
(31cmのマコ以外は魚礁用の仕掛けで釣った)

それと針をいつものがまかつあわせのSから
オーナーの剣剛カレイ11号に変えたのだが
この針がなかなか良かった。

来年の決勝大会でもなんとか結果を残したい。
スポンサーサイト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

優勝おめでとうございます

相馬大会の借りを返した感じですね。
おめでとうございます。

いつも使っている仕掛けの方が良かったと言うことですが,前述の太いSVIを使った仕掛けでしょうか。
光り物は,いまいちだったのでしょうかね。

当方も,針については,何がいいのかよく分からなくて,いろいろ探っている状態です。
BUNさんは,針に関してはどのように考えていますか?(剣剛カレイが良かったようですが,どんな具合だったのでしょう)

是非教えていただければと思います。

Re: 優勝おめでとうございます

>GP参加したいさん

ありがとうございます。

仕掛けですが、光物の仕掛けも掛かりましたが
写真に載っている大きいやつはいつもの魚礁用仕掛けでした。

幹糸はSV-1の6号
ハリスもSV-1の3号

針は今までがまかつのあわせカレイを使っていました。
これはこれでかなりいい針だと思います。
7年くらい使い続けてました。

今回、剣剛カレイにしたのは、思うところあって、
ケン付きが使いたかったからです。

あわせカレイでケン付きになってくれれば最高なんですがね。

あわせカレイのいいところはカレイが無理なく
口に入れてくれていそうというところです。

あくまで持論ですが、カレイが口にエサを入れるときに
ハリに触ると吐き出してしまっているような気がします。

ですがあわせカレイは形状が合っているのか
この吐き出すのが少ないのでアタリが多いような気がします。

あわせカレイはハリが軽いというのもいいです。

剣剛カレイはあわせカレイになんとなく形状が似ているので
選びました。

ただあわせカレイはよく折れます。

食い渋りのときなどに針をペンチで外側に曲げたりするんですが
うまくやらないと高確率で折れます。
それとカレイの口の堅いところに掛かって手では外れずに
ペンチを使うと形が変わってしまい再利用できません。

なので最近はハリはずしも必需品になりました。

参考になればいいですが。
 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着