7/1 桧木内川 アユ

いよいよ2010年のアユシーズンがスタート

今年は遡上が遅れ、まだアユが小さい可能性がある。

解禁を迎える場所に選んだのはかなり久々の桧木内川。

天気が悪い。今日は1日雨らしい。
それでも岩手、宮城、山形の河川は増水でほぼ全滅とのことで
竿を出せるだけでもいいのかもしれない。

ぜんぜん場所が分からないのでオトリ屋でもらったマップを元に
下延橋の下流に入る。

水が冷たい。
計ってみると15.5℃しかない。

案の定まったく反応なし。
どうやら玉川の水が冷たいらしいので合流上に入る。

見るとあちこちで掛かっている。
完全に時間を無駄にしてしまった。
すでに入るところも少ない。

46号線の一つ下流の橋に入る。
IMGP3948.jpg
IMGP3949.jpg

ここで瀬肩に入ると開始30秒でアタリ
2010年の初アユ...だが小さ過ぎ
IMGP3947.jpg

天然遡上も遅れているが、
水が冷たかったので放流時期も遅らせたらしい。

このサイズが5匹ほど入れ掛かりになったがぱたっと止まる。
こんな極小サイズまで
IMGP3950.jpg

場所を移動しようにも釣る場所がない。
それ以上にこの川の流れてくる草にイライラ。
噂には聞いていたがひど過ぎる。

漁協も高い入漁料を取っているんだから
草を流さないように活動しろと言いたい。

午後2時を過ぎたあたりから日が差し始め
若干水温が上がる。

すると急に瀬で掛かり始めた。
しかも16~18cmと型がいい。

相変わらず流れてくる草に苦戦しながらも
一時期入れ掛かりもありなんとか数を伸ばすことができた。

IMGP3952.jpg
この日の釣果は32匹。
この状況からすればまあまあだったかな。

この川はゴミが多すぎる。
川の中のあちこちに鉄筋などが沈んでおり
それに草が絡まり年中根掛かりする。

さらに流れてくる草に仕掛けが掛かり
仕掛けを切られることなんと4回。

放流数が秋田県一らしいが
この川は正直釣りをする価値なし。
アユの放流よりもゴミをなんとするほうが先だ!
スポンサーサイト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着