7/1 秋田県皆瀬川 超撃沈!

5時 皆瀬川と成瀬川の合流点下に入る。
すでに前日から場所取りをしている人もいた。

5:30釣り開始。

しかーし誰も竿が曲がらない。

今日のタックルは
竿:シマノ スペシャル競MI H2.6-95
ライン:サンライン ハイブリッドメタル鮎 0.07号
針:オーナー キメラ 6.5号 4本イカリ

20分ほどでようやくアタルがなんとハヤ...
2012年の鮎釣り初がこれかい...

さらに10分後、プルプルっときたのが12cmでエラ掛かり
さらに10分後、何か針にぶら下がってる?8cmの鮎

ここから沈黙...
周りも一切釣れてない。

川の中を見てもハミアトが異常に少ない。

こりゃダメだということで、下見をしたオトリ屋の裏に入る。

ここで気付いたのだが、前日よりも水位が10cmほど落ちている。
ダムで水を絞ったか?

ここはやはり石の色がいいし鮎も多少跳ねる。

しかも目の前で先行者が鮎を抜いた!

ここならなんとかなるかと思ったが、瀬の芯で反応無し。
その瀬脇で17cmくらいのいいサイズがようやく掛かる。

しかしここからまた沈黙...

瀬の開きで1匹追加。

どこをどうやっても掛からない。
周りでも一切掛からない。

ただ一人、一か所で粘っているじーさんが30分に1匹ペースで
ポツ...ポツ...と掛けている。

堪らずお友達に電話しまくるも各地同じような状況。
特に米代川 向黒沢ではほとんどボーズで釣った人でも10匹いくかいかないか。

向黒沢を捨てたのは正解だが、皆瀬川を選んだのが大失敗。

14:00の時点で4匹。
この近くで唯一まともな釣果が出ているのは子吉川。
それでもいい人で40匹程度らしい。

移動している時間もないので皆瀬川で我慢することに。

どうも鮎がちょっとした深みで石の入っているところに固まっているらしい。

それらしいポイントをナイロンで泳がせて1時間に1匹ペースで
やっとやっと掛けていく。

そして10匹釣った時点でGIVE UP!!!

完全に場所の選択ミス。

せめてもの救いは秋田県内ほぼ全域同じような状況だったことか。

それにしても凹む。
このオトリ屋裏の石に騙された。

前日の下見のときに下流にある取水堰堤を見たが
皆瀬川のほぼ95%の水を用水に流し、堰堤の魚道すらまともに
水が流れていない。

これでは鮎が遡上することはできない。

いくら米どころだからと言っても
この水の取り方は異常だろう。

最低の流量は確保しなければならないはず。

はっきり言って今季の皆瀬川の復活はあり得ない。
それだけ鮎が居ない。

しかもその取水堰堤で今から水を流したところで
いくらの鮎も遡上してこないだろう。


さて困ったのが翌日。どこに行ったらいいものやら。
子吉川も場所を間違うと1桁釣果とのこと。

で、あちこち情報を取ったら、自分で宣言してた山形沿岸河川が
絶好調だったらしく、なんと昼前で束超えしたとか。

しかしここから遠い。すでに420kmも走っていたので
もう移動は嫌...


などと言うはずもなく、ここからまた長距離移動したのだぁー!
(俺ってほんとおバカさん...)

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑
スポンサーサイト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着