関アジってどうなの?

大分の湯布院に泊まった際に居酒屋で
1匹4,200円もする関アジを食べたことは
このブログで書いたのだが...

このときのアジを見て尻尾の右側面だけが
ただれているのに気付いた。

イケスで活かされて擦れたんだろうなとは思っていた。

で、翌日、大分のスーパーで3枚に下ろされている
「大分県産アジ」というものを買って食べた。

おそらく網で取ったものだとは思うが
前日に食べた関アジよりも旨かった。

佐賀関で関アジを販売している富士見水産というところまで
行ってみて分かったのだが、関アジ、関サバは
漁師が釣ったものを買い付けて、漁港内のイケスに入れ
注文の都度、出荷するものらしい。

普通に海を泳いでいる魚は人間のように3食というわけではなく
結構、食べまくっている。

それをイケスに入れて何日置くのかは分からないが
たとえ1日でもイケスで生かしておいたら
脂が抜けるんじゃないだろうか?

実際に居酒屋で食べた味は新鮮なのだが
脂が乗っていないように感じた。

いずれ、アジやサバであの値段を出してまで
また食べたいか?と聞かれると...自分はNoかな

ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 釣りブログ カレイ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着