FC2ブログ

シマノ 16グラップラー CT 151HG メンテナンス

この土日は天気が良かったのだが
タイミング合わず釣りに行けず...

最近、アマゾンプライムビデオにはまり
夜な夜な海外ドラマを見るのが幸せで。

今日も起きたのは11時過ぎ

やることない。

youtubeで見たリールのメンテナンスにちょこっとハマり
オイルやグリスなどは揃えていた。

今週末使う予定の
16グラップラー CT 151HG
をメンテナンスしてみた

まぁメンテナンスといっても
ハンドルグリップをばらして清掃なんだが

まずは
16グラップラー CT 151HG
20181021_009.jpg

リール付属の治具で
20181021_008.jpg

ハンドルの
カバーを外す
カバーを外したら
プラスドライバーでハンドル内部のネジを外すと
こんな感じでバラせる
20181021_007.jpg

で、普通に売られているリールは
可動部分はグリスがベットリ

これは意地悪してるわけではなく
普通の人はオイルを挿したり
清掃することはないので
長期間、可動部分がちゃんと動くように
グリスで保護してるってわけ

が!
グリスだとやっぱり動きがスポイルされるわけで

とりあえずベアリングのグリス抜き

ABC HOBBYというメーカーの
ベアリングリフレッシュセット
20181021_006.jpg


釣具メーカーでも同じようなのを
出してるらしいが、高い

amazonあたりで1500円くらいで買える

こいつにベアリングをセット
20181021_005.jpg

で、パーツクリーナーでプシューっと
20181021_004.jpg

これでグリスがきれいに取れる
20181021_003.jpg

その他の部品もパーツクリーナーに漬けて
グリスを落とす

グリスを落としたら
すぐに組み付けてはダメ

部品にパーツクリーナーが残ってると
オイルを付けてもすぐに落ちてしまう。

キッチンペーパーに置いて乾燥~
20181021_002.jpg

ここでベアリングにグリス
ではなく、オイルを挿す

オイルはシマノから出ている
ザルス リールオイルスプレー
20181021_001.jpg

こいつをベアリングに吹き付けて
ハンドルを組み上げる。
20181021_000.jpg


組みあがったハンドルを回してみると
いつまで~もクルクル~

ってなわけはなく

グラップラー CTのハンドルはベアリング1個しか入ってない

ダブルハンドルなので、試しに片側のハンドルに
ベアリングを移植したら、ほんとにいつまでもクルクル~

ってことで、今回は清掃編だったが
次回はベアリングを購入して
ハンドルのフルベアリング化をしてみようと思う。

あ、ちなみに、グリスを抜いてオイルにしてしまうと、
頻繁にオイルを挿さないとサビが出ます。

なのでずぼらな人はやめた方がいいでしょう。

今度もマメにメンテする人は
グリス代わりにオイルにすると
劇的に回転が変わりますよ。


にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
↑ポチっとお願いします↑

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
↑ポチっとお願いします↑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

fishingbun

宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム

FC2カウンター

新着