今年の鮎

今も能代に居るわけだが、ふと米代川を見て思った。

「今年の鮎はどうなんだろう?」

去年は今までに無いくらいの不漁。

しかも日本海沿岸のほとんどの河川で天然遡上が
良くなかったという事実。

孵化する鮎が少ないのか、
海で死滅したのか、
河川環境の悪化で遡上したくなかったのか
(河川環境が悪いと遡上しない場合があるらしい)

河川環境というのはあまり考えられない。
米代だけが悪かったのならそれもありだが
他の河川もすべて環境が悪くなったとは考えづらい。

実はニゴイの食害という線も考えたのだが
これもすべての河川では当てはまらない。
だが、米代川でニゴイが急速に増えているのは事実。
昨年、米代川で何匹のニゴイを掛けたことか。
しかもやつらはガンガン瀬の中にまで侵入してきている。

どうも海に原因があるような気がするのだが...

いくらなんでも釣り人による数の減少は無い...よね?

昔は放流河川でいくら頑張っても放流した量の3割しか
釣れないと聞いたことがある。

しかし最近は釣り人全体の釣技が向上してきたため
昔とは比べ物にならないほど釣られていると思う。

もしかして5割くらい釣られてたりして?
スポンサーサイト

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
最新記事
プロフィール

fishingbun

Author:fishingbun
宮城の船釣り、アユ釣り、ワカサギ釣りなどやってます。
アユは秋田県の米代川、阿仁川、玉川(桧木内川)、皆瀬川、子吉川、役内川など。
ワカサギは桧原湖や岩洞湖
船は主に大型魚礁のカレイ釣り

検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
シマノTV
リンク
新着